みかんの花がまもなく開花しそうです。

市内のみかん狩り園では、みかんの花が開花寸前になっています。(2012年5月10日撮影)

今年は例年にくらべ遅いようですが、まもなく園内が甘い香りに包まれます。

 

 

甘夏みかんは、実をつけながら花を咲かせます。

 

 

甘夏みかんはまだ実っていますので、みかんの花甘夏狩りをあわせてお楽しみください。

ところで「みかんの花が咲いている  思い出の道 丘の道  はるかに見える 青い海  お船がとおく かすんでる」と広く歌われている童謡の名作「みかんの花咲く丘」が、伊東を舞台に誕生したのはご存知でしたか?

実は終戦直後の昭和21年8月24日に、翌日の伊東西国民学校(現在の伊東市立西小学校)とNHKのスタジオとを結ぶラジオ二元放送「空の劇場」で、川田正子さんが歌うために作詞家加藤省吾氏・作曲家海沼実氏によって作られたものだったのです。(詳しくは、伊東の歴史と文化・みかんの花咲く丘をご覧ください。)

みかんの花は、5月中は楽しめそうです。お見逃しなく! (これまでのみかんの花

みかん狩り園の詳しいことは、こちら をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です