さくらの里の伊東桜が開花寸前です。

大室山麓さくらの里では、園内全域にある伊東桜の大樹が開花寸前になっています。(2012年3月29日撮影)

伊東桜が咲くと園内の様子が華やかに一変します。お楽しみに!

 

本数の多い枝垂桜のつぼみもだいぶ膨らんで来ました。

 

染井吉野もつぼみを膨らませています。

 

前半の最盛期の主役は、本数が多く樹の大きい伊東桜・枝垂桜・染井吉野ですが、本数が少なくてもきれいな花を咲かせる桜たちを見逃すことはできません。

リフト側入口の河津桜の大樹は、まだ充分に見頃です。遅れていた分この時期まで楽しむことができます。

 

リフト側入口の早咲き大島桜は、2分咲きくらいになりました。

 

大室山の麓にある城ヶ崎桜は、3~4分咲きです。まもなく見頃に入ります。

 

秋・冬と春の2回咲く三波川冬桜は、満開状態です。

 

おおかん桜も、ずいぶん花の数を増やしています。

 

最盛期の始まりを告げる伊東桜の開花がもう目前です。
(この状態は、昨年の3月29日とよく似ています。昨年のペースに追いついたのでしょうか。)

今年は遅れていた花が残り、その後次々に咲いてくると、桜ラッシュになり園内が例年以上の華やかさになるかもしれません。

いよいよやってくるさくらの里の最盛期の様子は、大室山・さくらの里の桜 をご覧ください。

これから咲いてくる桜の種類は、さくらの里の桜カレンダー をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です