小室山公園に椿の季節がやって来ようとしています。

 小室山公園つばき園では、チラホラと花が開き始めました。これから4月下旬にかけて約1,000種4,000本の椿が咲きほこります。(2011年12月7日撮影)

※1月10日現在:全体としては、つぼみがふくらんでいる状態です。

 

 

今年は開花のテンポが遅いようですが、日を追うごとに花の数を増やしていくはずです。

今回は花ではない椿の楽しみ方をちょっとご紹介します。

下の2枚の写真をご覧ください。

葉の形が違いますが、同じ樹についています。

七変化椿という椿で、1本に色々な形の葉をつける珍しいものです。

 

これはどうでしょう。

左の葉はキンギョのしっぽに見えませんか?

その名も錦魚葉椿。キンギョがたくさん泳いでいるようです。

右はその変形したもので梵天葉椿。ずいぶん変わった形です。

 

左は孔雀椿

花の形が孔雀が羽を広げた様ということで名がついたようですが、葉が羽に思えてしまいます。

右は盃葉椿葉がそっくり返って酒盃に似ていますね。江戸期から伝わる変わり葉の園芸品種だそうです。

 

次は枝ぶりから・・・

この雲竜は、まるで龍が天空高く舞い上がるように樹形が折れ曲がっている珍しい椿です。

 

約1000の品種がそろう小室山公園つばき園。このような発見を楽しむのもいかがでしょうか。 

今年新しい椿が仲間入りしました。災害復興ボランティアのお礼として大船渡東高校からおくられた椿を「東日本大震災復興祈念植樹」しました。あたたかく見守ってください。

 

小室山公園つばき園へのアクセス 車の場合:JR伊東駅より6km 車で約15分 無料駐車場あり

 電車の場合:伊豆急行川奈駅より徒歩約20分

小室山公園つばき園

伊東市の花木である椿についての詳しいことは、 椿と伊東市 をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です